シングルマザーの子育てで役立つ知恵

ウォーターサーバーを利用する

ウォーターサーバーを部屋に設置してからは水を飲むことが多くなりました。 今まではペットボトルのお茶を飲むことが多かったのに、今は全然飲まなくなりました。 健康のためには実はお茶よりも水のほうがいいそうですね。 体のためを思ったら水を飲む習慣はとても大切だそうです。

ウォータサーバーを置いてから1ヶ月が経ったころに何気なく体重を測ったんです。 すると体重が2キロ程度減っているのではありませんか? いつもどおり食事でお酒もお菓子も食べていました。 思い当たることと言えば、水ぐらいかなあと。

これは、ダイエットを本格的にしてみようと思いました。 もちろん、水を飲むというダイエットです。 1ヶ月実践してみて体重が減っていれば、水はダイエットに効果があることが証明できます。 基本的は、のどが渇いたときには水を飲むことにしました。

まったくダイエットをしているという感覚がないですが、成功すれば大金星です。 巷にはいろいろなダイエット法があります。 基本的に我慢を伴うことが多いのに、私が実践する方法が我慢は入りません。 つまり、ストレスフリーです。 ただ、1つだけ守ったことがあります。 1回に飲む水の量は100cc程度にしました。

1回に飲む量を少なくして、その代り回数を多くしました。 1回にたくさん飲んでしまうとダイエット効果が半減するようです。 あと、ウォーターサーバーはお湯も出ますので、お湯も飲むことにしました。 体は冷たいものより暖かいものを摂取したほうが体を冷やさなくて健康になれるそうです。 今回の方法は、痩せるだけでなく、健康も考えているのです。

そして、1ヶ月が過ぎるのは本当に早いものです。 のどが渇けば、小さいコップに1杯飲むということをしただけです。 ここで、実施前の体型について書いておきます。 身長 178p、体重 82キロ、ウエスト 91pです。 明らかに太っています。

それでは、1ヶ月後の報告です。 体重は82から78キロになりました。 −4キロです。 ウエストは91から84pになりました。 自分の想像より良くてびっくりしています。 これなら育児をしていても、平均体重に簡単に戻れるのではないでしょうか

まず、どんな水を飲むとなぜいいのかをお話しします。 水には天然水やミネラル水などいろいろあります。 一番大切なことは一度飲んでから30分後に自分の体がどんな変化があったのかを確認するようにしましょう。 いろいろな本には、○○水が健康にいいなどと書かれていますが、実は人によって適した水であるかどうかは異なります。

そこで、自分に適しているかを確認するためには飲んでみるしかありません。 飲んで30分後に体調がよくなったように感じたのならその水を飲むようにしてください。 そのため、まずはいろりな種類の水を飲んでみましょう。 もし、何も体調に変化を感じなかったのなら、飲んだときに体に染み込むような感覚があったものを選べばいいです。

すぐに、飲む水が決まったら、次はどうやって飲むかです。 まず、朝起きたら、コップ2杯の水を飲むことからスタートします。 このとき、一度口に含んで噛んでから飲むようにしましょう。 冷たい水のまま胃に入れるのではなく、常温にしてから胃に入れたほうが胃に優しくなります つまり、胃に負担を掛けないというのも健康になるための秘訣です。

そして、朝から夜までは飲みたいときに飲むようにしましょう。 そのとき、1回で飲む量は少なめにして、何度も飲むようにしましょう。 できればすぐに飲めるようにウォーターサーバーを置いておくといいでしょう。 ウォーターサーバーを置いておくと、本当に水を飲む回数が増えます。 そのおかげで健康にもなれます。

最後に夜寝る1時間前にコップ1杯の水を飲みましょう。 上記の3つのポイントを守るだけです。 それほど難しいということはないのではないでしょうか? これで健康になれるなら本当にいいのではないでしょうか? 健康のための商品はたくさん売られていますが、安全性や信頼性ということを考えるなら水ほど安心して試せるものはないでしょう。